ダブルベッド 引越し

ダブルベッドの引越しを格安で行う方法

ダブルベッド 引越し

ベッド 引越し

ダブルベッド 配送

ダブルベッド 郵送

ダブルベッド 輸送

ダブルベッド 引越し 見積もり

 

大きなベッドは運ぶときに大変です。

 

ダブルベッドだとなおのこと、素人には運ぶことが出来ません。

 

でも、出来るだけダブルベッドの送料を抑えたいと思いませんか?

 

それなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

大手から地域密着の引越し業者まで、200社以上が参加しています。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

物件のエレベーターの有無などの情報を1回入力するだけで、1番安く運んでくれる引越し業者が簡単に見つけられます。

 

最大10社から見積もりを取ることができるのです。

 

日用品を購入する際、何店か回って底値を調べたりチラシで値段を比べませんか?

 

引越し業者も同じです。

 

同じ条件で見積もりを依頼することで、相場や底値がわかるのです。

 

引越し業者なら壁や床に保護材を敷いてくれますし、玄関を通らない場合はベランダから釣り上げるなんていう方法も行ってくれます。

 

新居が決まったら、早めに見積もりを依頼しましょう!

 

 

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

引越しの繁忙期っていつ?

 

引越しの時期

 

引越し業者には繁忙期があるのをご存知ですか?

 

繁忙期は3月のことで、1年で一番引越し件数の多い時期となります。
3月に引越し件数が多くなる理由は、新大学生・新社会人が4月の新学期から新しい環境に旅立つためです。

 

さらにこれだけでなく、春の人事異動によって転勤になったサラリーマンとその家族、単身赴任をするサラリーマンなどの引越しも重なります。
これだけ多くの人が一斉に動く理由があるわけですから、それはもう引越し業者は大忙しです。

 

引越し業者も繁忙期に備えて、スタッフを増員したり回る件数を調整したりするのですが、日によってはそれ以上の予約が入ります。
そんなときは引越しの依頼を断らざる得ません。

 

これはダブルベッドのみを運びたい場合でもそうです。
繁忙期は普通に費用が高めなので、時期にこだわりがないのであれば繁忙期は避けたほうが無難です。

 

これだけ多くの引越しがあるのですから、繁忙期は早めに見積もりを取って業者と契約しておかなければなりません。
安くてサービスの良い引越し業者からどんどん埋まります。

 

見積もりのタイミングとしては、新居の住所がわかったらすぐに一括見積もりをするのがオススメです。

 

繁忙期の引越しは通常期よりも費用が高めになりますが、早めの準備で少しでもお安くすることはできますよ。

 

 

ダブルベッドをレンタルトラックで運ぶ

 

引越し レンタルトラック

 

ダブルベッドを運ぶのに、自分でレンタルトラックを借りて運んだら費用は安いのでしょうか?
シュミレーションしてみましょう。

 

普通免許で運転できるトラックは2t未満ですから、1tトラックか1.5tトラックか軽トラックのいずれかになります。
トラックの運転に自信がない方は、小回りの利く軽トラックがオススメです。
ちなみに荷台のサイズは以下の通りです。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

軽トラックの荷台は、ダブルベッドのサイズとほぼ同じくらいです。
ただベッドには厚みもあるので、入らない可能性もあります。

 

シングルベッドかセミダブルなら、もしかしたら分解せずにそのままで運べるかもしれませんね。
しかしその他の大きさのベッドは、やはり一度分解して運び配送先で再び組み立てなければなりません。

 

ちなみに軽トラックのレンタル料は1日7000円〜10000円ほどかかります。
それと最後にガソリンを満タンにして返却しなければなりません。

 

近距離であれば1日もあればベッドを運ぶことが充分可能ですが、遠距離の時は自分で運ぶメリットは少ないようです。

 

もちろん遠距離の場合でもレンタルトラックは借りた営業所と違う営業所に返却することができますが、結構な額の手数料がかかります。
2つの営業所の距離が遠ければ遠いほど、手数料が高くなります。

 

 

引越し費用を安くする条件

 

引越し 安く

 

引越し費用は一括見積もりで比較すれば安い業者を探すことができますが、条件次第でさらに安くすることができるかもしれません。
どんな条件で引越しをしたら、引越し費用が安くなるのでしょう?

 

そのためには引越ししたい人が少ない日を狙いましょう。

 

ズバリ狙い目は平日です。

 

引越しの予約は土日祝日、月末・月初め・そして大安が多くなり、これらはあまり引越し費用が割引できません。
逆に平日や仏滅は予約が少ないため、引越し料金は割引されて安くなる傾向にあります。

 

時間でいうと午前中は人気があり、希望者の多い時間帯です。

 

ですから、引越し料金的にいえば午後からの引越しは良いです。

 

ただし午後は前の引越しが長引いたり道路の渋滞で、予定通りの時間からスタート出来ないこともあります。
そのリスクの分、午後からの引越し便は割引されることがあるので、時間にこだわりがない方にはオススメです。

 

またこちらからは時間を指定しないフリー便もオススメです。

 

 

引越しのおおよその手順

 

引越し 手順

 

引越しではすることがとても多いですから、簡単な手順を先に確認しておきましょう。
まず引越しというくらいですから引越し業者への見積もり依頼をしたいところですが、おそらく新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。

 

まずは新居を決めて、決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。
のんびりしていると条件の良い引越し業者から予約が埋まっていきますので、お気をつけください。

 

さて荷造りは時間に余裕を持って行いましょう。
不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、できるだけ引越し前に処分してくださいね。

 

引越しの2週間前から現在お住まいの役所に「転出届」を出すことが出来ます。これは市外へ引越しする場合に必要です。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝えて、精算の手配をしてもらいましょう。
同じ市内での引越しであれば、引越し日からは新居での電気・ガス・水道を使えるようにしてもらってくださいね。

 

郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。
その間に友人や知人への連絡を入れてくださいね。

 

さていよいよ引越しですが、自分で運ばなければならない荷物がいくつかあります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。
何かあってからでは困りますので、大切なものは自分で管理してくださいね。
家具の配置はあらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で、転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

 

 

食器棚 引越し マットレス 引越し たんす 配送